炒める

資格取得のために

フードビジネスに役立つフードコーディネーターは、民間資格のため必ず必要というわけではありません。しかし、取得のために学んだ知識は後に役立つことは間違いないので、働くつもりであれば資格取得を考えておきましょう。

詳しく見る

野菜

食に関するスペシャリスト

フードコーディネーターは食に関する専門学校などで学び、食品に関する企業や店舗に就職してメニュー開発に近いポストで働くか、アシスタントとして働く中でなる場合が多いです。ただ近年は総合的な食のプロデュース能力を求められ、経営マネジメントまで携わる重責を担うケースも存在します。

詳しく見る

お鍋

二つの働き方を選択できる

フードコーディネーターの働き方は、企業の社員とフリーランスで働く方法の二つが存在します。社員としては給与を貰いながら働けば安定的に仕事ができ、フリーとして働けば自分の思う通りの仕事が可能となります。共に待遇面では一長一短が存在しますが、最初は会社員、将来はフリーとして独立で働くパターンも多いです。

詳しく見る

食のスペシャリスト

コック

センスで売上げアップ

フードコーディネーターは、食に関する知識を有する人のことです。職業としてのフードコーディネーターとしては飲食店のメニュー開発やコンサルティングなどを行う仕事で、またテレビや雑誌に出る料理を考えたり、調理や盛り付け、また料理を美しくかつ美味しく見せるための食器や小物などの演出を行います。このほかにも料理教室を運営する際にもフードコーディネーターを名乗る場合があります。フードコーディネーターのポイントとしては直接料理を作り提供するのではなく料理を企画したり、美味しく見せるといったことが中心です。フードコーディネーターには特別な資格は必要なく、実績がなくても名乗ることができますし、その道で働き経験を積んで認められれば名乗るといったこともあります。しかし、基本的にフードコーディネーターになるためには調理系専門学校で学び、食品関係や料理教室などに就職して経験を積んだり、またフードコーディネーターとして働いている人のアシスタントになって働き始めるといった場合もあります。いずれにしても実力社会ですから基本的な調理技術や正しい知識はもちろんセンスが重要になってきます。一方でセンスの求められるフードコーディネーターを依頼してアドバイスをしてもらう場合には、その人によって変わってきます。著名人がプロデュースするといった宣伝が出来れば集客につながりますから半日程度でも10万円以上の報酬を支払わなければなりません。一方で誰でも出来るアドバイス程度であれば1日あたり1万円程度で行ってくれる人もいます。いずれにしてもフードコーディネーターを依頼する場合にはその目的とその目的をクリアできるフードコーディネーターを見つける必要があります。

野菜を切る

なりたい姿を明確に

フードコーディネーターになるには資格は特に必要ないですが、知識と技術の裏付けに資格を取る人や学校に行く人もいます。学校を選ぶときは取れる資格の内容と、自分がどのように働きたいのかを明確にして選ぶべきでしょう。

詳しく見る

食材

人気の職業

フードコーディネーターは食に関するアドバイスなどを行なう仕事であり、テレビや雑誌などで取り上げられる機会が増えたことで人気がある。仕事に就くためには、調理師専門学校などで知識やスキルを身に付けるとよい。

詳しく見る