なりたい姿を明確に

野菜を切る

学校選びのコツ

フードコーディネーターとは、食卓全般をコーディネートする仕事のことです。仕事をするのに資格は必要ではなく、誰でもそう名乗ろうと思えば名乗れてしまいます。近年は料理をのせるブログからデビューする人も増えており、元主婦や元OLのフードコーディネーターが増えています。フードコーディネーターとして働くのに資格は必要ないのですが、知識や技術の裏付けとして民間資格は存在します。民間資格をとるためには独学でとることも可能ですが、学校に行くという選択肢を取る人もいます。フードコーディネーターは調理だけでなく、テーブルセッティング、カトラリーや食器のチョイス、献立作りなどをトータルで行うものであり、単に調理だけを学ぶ学校ではやや不十分といえます。フードコーディネーターを目指すのならば、こうした食卓全般に関する知識を持てる学校にしましょう。また、調理を学ぶ学校の多くは調理師や栄養士などの資格が取れるのですが、上位資格である管理栄養士の資格は受験が必要です。資格はあって困るものではないので、できたら管理栄養士の合格実績が多いところの方がよいでしょう。また自分の働き方を具体的にイメージするのも大切です。フリーのフードコーディネーターとして働きたいのか、会社に所属したいのか、書籍などを発表したいのか、お料理教室を開きたいのかなどどこに主眼をおくかで最適なルートは異なります。すでに成功した人のルートを見て決めるのもおすすめです。