資格取得のために

炒める

レベルに合わせた学習

フードコーディネーターは喫茶店やレストランなどのマネジメントをできる人材を認定する資格で、様々な料理や食材、栄養に調理など幅広い知識を必要とする専門的な仕事となります。フードコーディネーターそのものは民間資格のため、働くためには資格が必要というわけではありませんが、取得のための勉強をしておけば食に関する基礎的な知識を学ぶことができます。こうして吸収した知識は、仕事をするうえでも十分に役立ってくれるでしょう。資格取得の試験は日本フードコーディネーター協会が主催しており、難易度ごとに3級と2級、1級の3つに分けて実施されています。3級は合格率も高い入門者レベル、2級ならプロのアシスタントが務まるレベル、1級でプロとして活動できるレベルとなっています。家族の健康を考えて日常生活で役立つ程度の資格が欲しいというなら3級でも十分に役立つのですが、フードコーディネーターとして働きたいのであれば、最低でも2級以上の資格が必要になります。最近ではフードコーディネーターの試験対策として、養成スクールがいくつか開かれています。資格を取得するのに最も最短となる方法ですが、近所にスクールがない場合や通う時間がとれないなどの問題があれば、通信講座を利用した学習方法も可能です。3級試験ならば合格率も高く、それほど難しい内容ではないので、市販のテキストで学習することもできます。フードコーディネーターは知識だけでなく調理の腕前も求められる仕事なので、座学だけでなく実習による試験対策も必要になってきます。