人気の職業

食材

就くための方法

近年人気の職業としてあるのが、フードコーディネーターである。フードコーディネーターは食のプロデュースを行うことが主な仕事となり、食の提案や雰囲気の良いお店作りなど食に関することを行う仕事である。フードコーディネーターになるためには、調理に関する知識や技術を身に付けた上で、飲食店経営や栄養面など幅広い知識やスキルが必要とされることが多い。その為、フードコーディネーターになるためにはまずは調理師専門学校や調理系の学校に通い食の基本知識を身に付けておくことが必要になる。フードコーディネータには資格もあるが、取得しなければ職に就けないというものではない。しかし、資格を所有していることによるアピールポイントとすることができる。これらの資格についても、専門学校などでは資格取得に向けた講習が行われるなどサポート体制が取られている。また、フードコーディネーターでは経験を積んでいくことが重要な職業でもある。食に関してアドバイスなどをするためには、経験や実績が無いとできないことも多いため、様々な経験を積んでいくことが必要である。フードコーディネーターになることで、コンサルタントとして活躍できたり食品メーカーなどで活躍するケースもある。また、一部では雑誌やテレビなどメディアで活躍するケースも増えており、これらから特に人気が高い職業となってきている。フードコーディネーターでは、特定の分野ごとにスキルを上げて全体をサポートできるように学習すると良い。