二つの働き方を選択できる

お鍋

待遇面も優れている

フードコーディネーターとして働く方法には、企業に就職してその社員として働く方法とフリーとして独立して働く方法の二つが主にあります。企業でも食品関係を始め、飲食業関係の企業も数多いため、そこにフードコーディネーターとして働くと会社員待遇のため、給与を貰いながら安定的に働くことができます。フードコーディネーターとしての知識やスキルの習得を行う上でも最適となり、給与をしっかり貰えて働けるメリットがあるため、仕事が次から次へと確保されます。また会社の経営方針などからも特殊な業務に就くことが出来たり、会社員だからこそ企画できる取り組みで働けることもあり、貴重な体験を得ることも可能です。一方ではある程度、フードコーディネーターとしての経験や実績があり、しかももっと大々的に独立して事業を展開したいというケースではフリーで働くこともできます。フリーの魅力は、自分の興味のある分野を特化させて働くことができる点にあります。しかも依頼を受けて仕事をすることとなりますが、会社員と比較しても高めの報酬を得ることができるチャンスも存在します。それだけでもなくやりがいを感じることもあり、業界に風穴を開けることが出来たり、またマスメディアでも注目される場合もあります。仕事の幅自体が広がり、時間を効率よく費やすことができて、働きやすい環境を手に入れることも可能です。そのため最初はフードコーディネーターとして、企業の会社員として働き、ある程度の経験とスキルを得て人とのコネクションが広がれば、フリーとして独立を目指す方もおります。